鉋 鑿 彫刻刀 大工道具 販売 通販 平出商店
 カートを見る お買い物方法 お問い合わせ
      


        

    <前に戻る>
     
    田齋鑿
    田齋鑿の定番
     
    新潟県三条市で大工道具の鑿を作っている田斎鑿鍛冶の紹介ページです。田齋は鑿の他に鉋、小刀などもこさえますので希望があれば日数はかかりますが御注文お受けいたします。田齋の鑿は国内ばかりでなく広く世界に知れた銘で。多くの外国の方たちからも三条の田齋といって強信頼を頂いており平出刃monoがその窓口になっております。世界に認められた日本の刃物で世界の木工に従事する人たちと強いきずなとなっております。
     
    田齋追入鑿 明齋追入鑿


     
    田齋磨追入鑿
     田齊」の鑿。ヤスリとセンかけの模様が特徴的な磨き鑿です。鑿鍛冶職人 田齊明夫氏の特徴は鋼付け、鍛造、成形、熱処理、刃付け、研ぎまでの始めから終わりまでの責任を持っての気を抜かない製作です。
      明齋追入鑿
    田齋鑿の仕上げは銑とヤスリ仕上げですが。明齋はヤスリ仕上げではありません。ヤスリ仕上げは時間的に手間がかかり生産があがらず田齋鑿を少しでも多くの方たちに使っていただきたく拵えた特別な鑿です。


     
    明齋鎬追入鑿 明齋平待追入鑿
     
    明齋鎬追入鑿
    田齋の鎬鑿は中央に峰があり、切り刃はきれいな三角形になって、小端は薄く仕上がり蟻溝などを突くに向いております、鎬追入鑿は突きのみでなく、叩き鑿の部類に入ります
      明齋平待追入鑿
    平待ち鑿追入はホゾ穴の側面を突くのに便利で建築の造作仕事と時に良く使う鑿です。また造作作業とは違い突き鑿の用途に都合のよい田齋の鑿で揃っております。
     
    明齋鎬薄鑿 明齋面取り薄鑿
     
    明齋鎬薄鑿
    明齋鎬薄鑿(木成鑿、蟻鑿)の特徴は両小端が刃のように薄く穂先は比較的長く蟻溝などを突くに使い易いことです。(柄の長さは180?oで全長350?o)
      明齋面取り薄鑿
    明齋面取り薄鑿は極めて薄く、偏平になって柄には桂は付かないのが普通であるります。穂先は長く仕上げ削りに使用する為に切れ味を要求される刃物です。(柄の長さは180?oで全長350?o)