鉋 鑿 彫刻刀 大工道具 販売 通販 平出商店
 カートを見る お買い物方法 お問い合わせ
      


        
    彫刻鑿
     
    荒堀は師の技術、仕上げは子の習い、彫刻鑿の限りない数々の中、新たな挑戦が新たな刃物に.モノ造りは道具からとの究極の理趣。正道の刃物で限りない無限の戦いに挑むお手伝い。鍛冶は越後の名工か心を打ち込む火花から、世に知る味無限味、使って知るのが道具味、決して後悔させません。使ってわかる刃monoの(正道)
     
     

     

     

    極淺丸鑿

    彫刻用丸鑿は内側に鋼の付いた極淺丸、淺丸、内丸、深丸、極深丸の他に、外側に鋼の付いた外丸鑿などがあります。丸鑿のRや幅が 彫り跡になるので種類も多くなります。

    淺丸鑿


    丸鑿の用途は彫刻する表面の凸凹はもちろん、外側の曲線を彫るに多く使いますが、大工鑿の用に刃裏を基準に使うのではなく、刃裏、刃表など自在に使う。

    内丸鑿


    内丸鑿が一般の丸鑿の基準のRになりますので、丸鑿というと内丸鑿になります。丸鑿の刃表でしゃくり下げることが出来ますし、鑿の両サイドを使う事で色んな彫りが出来ます。

     深丸鑿

    丸鑿の刃研ぎは練習次第で平らな砥石でも研げる用になりますので練習をして下さい。溝の付いた砥石ですと多くの種類が必要になります。

     

    極深丸

    極深丸は彫刻鑿で一番深い半丸のRになります。

    外丸鑿

    外丸鑿とは外鋼になります。外丸は曲線に沿った直線的な彫刻に向いております。刃は抉り刃研ぎになっておりますので、鑿専用の砥石が必要になります

    極淺外丸鑿

    外丸鑿とは外鋼になります。外丸は曲線に沿った直線的な彫刻に向いております。刃は抉り刃研ぎになっておりますので、鑿専用の砥石が必要になります

    平刃
     
    平刃はおもに彫刻の平面(地透き、浮き彫りなどの平面)あるいは彫刻の凸面を彫り削る作業に使います。
     

    淺丸匙

    匙鑿は普通の彫刻鑿で使えないような部分を刻むのに使い、丸溝の強い曲線などを仕上げます。

      丸匙

    匙鑿は普通の彫刻鑿で使えないような部分を刻むのに使い、丸溝の強い曲線などを仕上げます。

     平匙

    匙鑿は普通の彫刻鑿で使えないような部分を刻むのに使い、重なりあった合わせ目などを仕上げる彫りに向いてます。

     外丸匙

    外鋼鑿はしゃくるのに向いてはおりませんが、曲溝直彫りの仕上げるによい働きをします。

     三角

    三角の角度は60度です。他45度、90度、外鋼三角なども特注で御注文出来ます。

    曲三角

    三角の角度は60度です。他45度、90度、外鋼三角なども特注で御注文出来ます。

      箱鑿

    箱鑿も耳上がり鑿とやや用途は同じですが、作業に応じて使い分けます。
     
     耳上がり

    耳上がり鑿の両サイドが少し反っていて部材の荒取り作業に応じやすい鑿です。
     
         生反り

    生反りの用途は、小刀や丸鑿では削りにくい部分に使う。たとえば籠彫りや宮彫りの深彫り、あるいは渦巻きの懐のような内側に湾曲した奥深い部分を仕上げるに便利な刃物です。
     

    スプーン鑿

      匙を作るに拵えた特殊鑿になります。

    刻字鑿

    刻字用として制作全長180㍉と短く刻字彫刻に向いた作りになっております。刃は裏押し済の本研で、柄も直ぐ使えるように桂も下げてあります。

                                                                                       <前に戻る>