鉋 鑿 彫刻刀 大工道具 販売 通販 平出商店
 カートを見る お買い物方法 お問い合わせ
      


        

    <前に戻る>
     
    貼り合   彫刻刀

    木などを彫り刻んで立体的文字絵像等を仕上げる刃物で、日本の伝統的刃物の鋼(硬鋼)と地金(軟鉄・軟鋼) とを合わせた構造になっていて、切れなくなったら中砥、仕上砥などの砥石で研ぎ、鋭利な刃先に研ぎ直しながら使い続ける。通常刀身は直線状の木製の柄に取り付けられているが、柄と刀身が一体のもの(共柄という)もある。種類 彫刻刀には、幅広い用途に適合するにように非常に多くの種類刃先があり刃先の形状による種類は以下のように揃っている。またサイズも1㍉から15㍉までの刃巾がある。平出刃monoでは平刀、印刀などの刃裏は厄介な裏押が済んでいるから、刃研ぎをするだけで常に切れる彫刻刀を使うことができる。
     
     


     
    印刀 右
    (印刀 右いんとう、小刀 印刀で刃先が斜めになって右、左の二種類がある。木工刃物には利き腕とは別に,切り込を入れたり広い面を削り出しに木材の順目逆目の削りに使い分ける。印刀の一般的な用途は、刃先が斜めで尖った先端を使って(面取、さらい、しゃくり、際取り、立ち込み)などを行なう。中でも立ち込みは印刀でなければならない。また、鎌倉彫り独特の流し刀痕という方法での刃先が,蛤型になっている。
     
    印刀 左
       (印刀 左)いんとう、小刀 印刀で刃先が斜めになって右、左の二種類がある。木工刃物には利き腕とは別に,切り込を入れたり広い面を削り出しに木材の順目逆目の削りに使い分ける。印刀の一般的な用途は、刃先が斜めで尖った先端を使って(面取、さらい、しゃくり、際取り、立ち込み)などを行なう。中でも立ち込みは印刀でなければならない。また、鎌倉彫り独特の流し刀痕という方法での刃先が,蛤型になっている。
     
    極浅丸
    彫刻刀丸刀 0.9mm~15mm 丸刀の甲の肉を薄くしたもの。丸の凹面の溝等を彫ります。彫刻刀の両サイドや刀の裏表等の使い分けで太めの直線や曲線・点・などを表し、広い面など石目模様などのさらうのに適しています。丸刀のRは極淺丸、浅丸、丸刀、深丸、極深丸の順にRの深さが深くなっていきます。
     
    浅丸刀
     極淺丸、浅丸刀は刃の丸みで木の表面をすくうような感じで彫り、石目彫りなどによういます。
     
    丸 刀
     (丸刀)まるとう、断面がU字型で、内丸面を削る。U字型のRの深さの名称で極浅丸、浅丸、内丸、深丸などがある。このRは造る鍛冶屋で多少の違いがある。鋼が内側に付いた内丸刀、外側に付いた外丸刀の違いもある。用途。丸刀は印刀に次いで頻繁に使う彫刻刀で使用例は。文様部分の花や葉などの凸凹をつけて表現に柔らかさを出すときに使ったり。荒い地透や深い地透をするに丸刀で木目と直角方向に削った後、平刀などで仕上げる荒彫りの役目や丸みのある際取りで地透面が美しく仕上がる。
     
    平 刀
     (平刀)または合透(あいすき)刃先が真っすぐで両端が直角になっている。彫刻面の面取りや際取りなどのほか両端の先を使い左右の切り込みの役目などもある。また、直平型の刃先で地透などをすると両端の耳が地透面に食い込み.。傷がつくので。刃先を鎌倉型(蛤研ぎ)の研ぎ直さなければならない。この方法は広い板材の面を削る鉋にも取り入れられている。鎌倉型での地透は平刀の刃裏を面に使うが切刃面で皿などの内面石目模様の刀痕などに使うことが出来る。サイズは1ミリからだが刃先があまり細く、研ぐに厄介だが。平出式研ぎ機で難なく研ぐことができる。
     
    曲平刀
    (曲平刀)用途は平刀では使用できない奥深い底を仕上げる刀で、前に押して彫るときに使います。
     
    曲丸刀
     (曲丸)曲がり丸刀について。丸刀の刃先を裏刃(鋼面)のほうに折り曲げた彫刻刀。用途は、丸刀では処理できない部分の深い彫り面を仕上げるに適している丸刀、浅丸刀、平刀などがあり複雑な彫刻には欠かせない刃物。
     
    曲浅丸
     用途は丸刀の使用できない奥深い円溝の曲面などを彫るのにようい、刃先が反っているので透きやすい刀です。
     
    三角刀
     (三角)さんかく刀で断面がV字型で60度が一般的で、45°90°は特殊になる。
    三角との厄介なところは刃研ぎの時で、うまく角を研ぐに苦労するが現在では彫刻刀研ぎ機で研ぐことができるようになった。三角刀は花弁の花脈の薬研彫り、地透をした部分に碁盤目に薬研彫りをするなどの仕上げに使うが印刀で切り込み線を入れることもできる。
     
     
    生反
     (生反)生反は印刀や丸刀などで彫りにくい面の仕上げ、特に曲面の仕上などに使う。石目彫りのように生反の刀痕も異なってよいのでは。