TEL:0256-62-2819 FAX:0256-62-4888
〒959-1251 新潟県燕市白山町1丁目1-52

×

CATEGORY

 

CATEGORY

MENU

HOME»  木型 豆鉋

鉋刃研ぎ方

 



木工製作には外せないミニ鉋

特殊な用途のために極めて小型に作ったものをすべて小鉋と呼びます。普通の鉋では不便な場合や、使用困難な部分を削るために、特に作ったカンナです。種類や型は仕事の種類、用途によって一様ではありません。主な小鉋は、豆平鉋、反鉋 内外丸鉋、内四方反鉋と型や寸法も一定しませんが、小さなものは刃幅が6㍉~48㍉まであります。日立金属株式会社の安来鋼鋼青紙(刃の耐久力を増す特殊な成分を配合した鋼)を使用し、鍛錬精製したものです。


 


                                                                               

              鉋刃研ぎ器小さな刃や四方反鉋刃も初めての方でも研げます。

 

豆平鉋

木の素材を活かすには道具あっての技で、鉋には多くの種類があり加工目的でサイズともに変わります。特に豆平鉋は面取りや細工など使いみちの多い鉋ですので。指先でつまむような豆鉋他サイズ種類多く揃っております。


木型豆平鉋

木材の表面を平らに、なめらかに削る鉋の中で基本的な鉋になります。裏金付きと裏無しがあります。サイズも12㍉~48㍉。使いかって抜群な鉋で、伝統ある越後の熟練の職人の手によるものです。伝統が生み出した、何とも気持ちよく使える逸品です。

 

木型四方反鉋

湾曲した面を削るのに使う鉋で、小さく、このような鉋を俗にハネ虫などとよばれ、きわめて小さいものは指頭でつかめば全体が指先に隠れるほど小さいものもあります。絶妙な切れ味、納得出来る仕上がり一丁は手元に欲しい「包春」KANEHARUの鉋

 

 

木型豆反鉋

反り台鉋の用途は、猫足、各種の持送り、椅子の背など、すべて湾曲面をもつ部分の削り仕上げに使います。研ぎやすい地金と良く鍛えられた鋼の鉋です。平出の刃物はなによりも信頼を大切にしています、お客様評価TOPを目指します。

木型内丸鉋

下端の凹形が内丸鉋凸に削ります。小さな鉋刃は研ぎにくいものです。習字に使う短くなった墨を挟む、竹でこしらえたものがありますので利用出来ると思います。鉋は多くの種類があり加工目的でサイズ共変わります。


木型外丸鉋

下端の凸形が外丸鉋凹に削る鉋です。大きさサイズと種類の多い鉋ですが。丸鉋の用途は非常に多く大小の各種の面の刳り形や刻足、持送りなどの横けりなどに使います。切れますよ、なんて言わなくともみんなが知っている「包春」の鉋

木型内丸反鉋

内丸反り鉋とは、四方反り鉋のうら反りした鉋です。この鉋は、良い切れ味を出すための鍛える時間が充分にかけられた鉋です。それと作り手の真面目な人柄から、切れ味は間違いありません。

 

 

 

 

 

              木型 豆鉋裏金無し

裏金のない鉋の台の仕込みは刃口が切ってありませんので、裏金と同じ作用で逆目を押さえることが出来ます。裏金付きの鉋でも裏合わせが正しくないと逆目を押さえることは出来ません。大工道具の仕立てで良く使う言葉が「糸」を基準に伝えられます。だが、裏合わせの場合は「髪の毛」が基準になります。刃先から髪の毛一本に合わせなければ裏金の意味はありません。裏金は刃先を潰さないと、これまた裏金の役目は果たさないのです。平鉋は大変ではありませんが、内丸鉋や外丸鉋の刃先を髪の毛の太さに合わせることは至難のわざです。素性の良い部材でしたら裏無し鉋でも仕上げることが出来ますので良くお考えください。


木型豆平一枚刃鉋

木材の表面を平らに、なめらかに削る鉋の中で基本的な鉋になります。裏金付きと裏無しがあります。サイズも12㍉~48㍉。使いかって抜群な鉋で、伝統ある越後の熟練の職人の手によるものです。伝統が生み出した、何とも気持ちよく使える逸品です。

 

木型四方反一枚刃鉋

湾曲した面を削るのに使う鉋で、小さく、このような鉋を俗にハネ虫などとよばれ、きわめて小さいものは指頭でつかめば全体が指先に隠れるほど小さいものもあります。絶妙な切れ味、納得出来る仕上がり一丁は手元に欲しい「包春」KANEHARUの鉋

 

 

木型豆反一枚刃鉋

反り台鉋の用途は、猫足、各種の持送り、椅子の背など、すべて湾曲面をもつ部分の削り仕上げに使います。研ぎやすい地金と良く鍛えられた鋼の鉋です。平出の刃物はなによりも信頼を大切にしています、お客様評価TOPを目指します。

木型内丸一枚鉋

下端の凹形が内丸鉋凸に削ります。小さな鉋刃は研ぎにくいものです。習字に使う短くなった墨を挟む、竹でこしらえたものがありますので利用出来ると思います。鉋は多くの種類があり加工目的でサイズ共変わります。


木型外丸一枚鉋

下端の凸形が外丸鉋凹に削る鉋です。大きさサイズと種類の多い鉋ですが。丸鉋の用途は非常に多く大小の各種の面の刳り形や刻足、持送りなどの横けりなどに使います。切れますよ、なんて言わなくともみんなが知っている「包春」の鉋

木型内丸反一枚鉋

内丸反り鉋とは、四方反り鉋のうら反りした鉋です。この鉋は、良い切れ味を出すための鍛える時間が充分にかけられた鉋です。それと作り手の真面目な人柄から、切れ味は間違いありません。

木型際一枚鉋

工作物の段欠きや、角隅の際を削るのに使います。用途により右勝手、左勝手があります。木工刃物には部材の逆目上、左右使い分けます。日本の手工技術、手工を一貫して制作続けている強さの原点がここにあります。