TEL:0256-62-2819 FAX:0256-62-4888
〒959-1251 新潟県燕市白山町1丁目1-52

×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

大工道具の中で、鑿は最も種類の多い刃物です。大が小を兼ねる事が出来ない性もあるから、刃の寸法別にすれば計りしれないでしょう。特に本数が多いのは追入鑿で10本組などがあります。鑿は大きく分けて、玄翁で叩く叩き鑿と、手で部材を削る突き鑿が有ります。突き鑿には加工面の仕上げに使用する大突鑿。関東では鎬薄鑿面取薄鑿と呼びますが西の方では木成鑿と呼んでます。突き鑿は彫った穴の後をさらう仕上げようの鑿です。向待鑿、ホゾ穴彫りの専門で3㎜から15㎜刃幅で、両隅まできれいに掘れます、指物、家具職で二本向待鑿で2つのホゾ穴を一回で掘る事が出来ます。大工職ホゾ穴鑿では入母屋鑿で社寺建築等で深い穴堀り等、おもに大きい穴を掘るるのに使います、叩き厚鑿中叩鑿、又は(半叩)き鑿と言って叩き鑿と追入鑿の中間の鑿です。いずれも穴を掘ったりする材料の大きさによって使い分けます。丸鑿には外丸鑿内丸鑿がありますが、いずれも専用の砥石が必要になります。追入鑿は主に造作、しつらい等に使って穴を掘る大まかな仕事より。追入も使用目的から付いた名で、横木を柱に「追って入れる」「大きく入れ込む」「追入」「大入」そんなことから造作鑿を追入鑿(大入鑿)と呼ぶようになったといわれています、さらに細かい細工にミニ追入鑿なども使います。鑿の刃の甲が三角になっている鎬追入鑿、蟻組千切りなどの技法にようい、さらに三方刃鑿でもう少し決め細かい細工に理想的な鑿になります。鎬鏝鑿というのは蟻溝の底なんかを平にする時に使います。溝を止める場合には上手くいきます。ホゾ組の場合、ホゾ穴を止めるか、通してしまうか、それに対応する鑿で、ホゾ穴底部に堀残した山形部分を銛鑿で打ち込んで崩し底サライ鑿で底を削り、底とホゾ穴側面の角部を鎌鑿で整え、掘留ホゾ穴をきれいにするか、打抜きで鑿の堀滓を落とすのに使う鑿など。外鋼での突き丸鑿で外丸鑿でも出来ますが突き丸鑿がきれいに仕上がります。

  • 組 鑿組 鑿
  • 大突鑿大突鑿
  • 鎬薄鑿鎬薄鑿
  • 木成鑿木成鑿
  • 向待鑿向待鑿
  • 厚 鑿厚 鑿
  • 半叩鑿半叩鑿
  • 追入外丸追入外丸
  • 追入内丸追入内丸
  • 追入鑿追入鑿
正よし追入鑿

【正よし追入鑿】

正よしの鑿の仕上げは本来の鑿と異なり。荒く槌目を残しており、野暮ったい出来になっております。好きな人にはたまらないらしく、見た目の味を意識したものです。職人が使う刃物ですから切れてあたりまい世界で刃物造りにかける情熱はこれからも続きます。

鎬追入鑿

【鎬追入鑿】

鎬鑿は中央に峰があり、切り刃は三角形になって、峰すなわち鎬を持っているので鎬鑿になっております。鎬追入鑿は突きのみでなく、叩き鑿の部類に入ります。

三方刃鑿

【三方刃鑿】

三方刃鑿は平出刃物が独自に造りました。蝶々の隅を突くのに小端が0点の刃のようになっております鎬鑿です。

木成鑿

【 鎬薄鑿】

鎬鑿は薄鑿と鎬追入鑿とがあります。鎬薄鑿は刃柄が長く、カツラ無しで、突いて使う仕上げ薄鑿鑿です。関東より西になりますと、穴を掘った後などを仕上げる突鑿で、薄鑿を木成り鑿とも言います。

面取り 木成鑿

【面取薄鑿】

薄鑿は仕上げ鑿で穂先は薄く長く、手で突くので柄にカツラは無く柄は長いです。鋼は多く使っておりますヤスキの白紙一号を使っております。別名木成鑿

鏝鑿

  【鏝 鑿】

鏝鑿は鏝の形をした鑿で穂は鎬になっている。溝鉋の使い無い突き止めの底を突くのに便利、特に蟻溝をサラウに適してます。鋼白紙一号

向待鑿

【向待鑿】

向待鑿はホゾ穴を掘る鑿です。家具、建具、で使うので刃幅は広くても15ミリ。鋼白紙一号

追入外丸鑿

 【追入外丸鑿】

大工用外丸は叩き鑿の一種です。刃研ぎは平らな砥石でも研げる切り刃です。彫刻鑿とは違います。

追入内丸鑿

【追入内丸鑿】

大工用内丸は叩き鑿の一種です。刃研ぎも馴れてくると平らな砥石でも研げるようになります。

厚鑿

【厚 鑿】

厚鑿は追入鑿を大きく頑丈に造った鑿です。用途の一例をあげれば、柱や鴨居、土台などの仕口のような作業に使われ、主に建築用です。

半叩鑿

【半叩鑿】

石流半叩き鑿は追入鑿と厚鑿の中間のサイズです。用途は厚鑿と同じ建築用です。鋼ヤスキ白紙一号

底さらい

【底さらい鑿】

底サライはホゾ穴の掻き出し鑿ですが、同じ役目の銛鑿の首は真っ直ぐです が底サライは少し反っております。

銛鑿

【銛鑿】

銛鑿は顎鑿、掻出鑿、屑出鑿などと呼びます。刃先は上方 に折れ曲がった鈎型になって魚を突く銛のような鑿です。此の鑿はホゾ穴の中に打ち込ん で鑿屑をさらうために作りました。底さらい鑿も使い道は同じです。

【鎌 鑿】

鎌鑿は入隅のある部分の四隅を正確直角に仕上げるのに使います。

 勇助追入鑿

勇助追入鑿は柄は並赤樫で桂だけが手打ちで標準的な鑿です。派手さはありませんが、実用本位の鑿に仕上げました。