TEL:0256-62-2819 FAX:0256-62-4888
〒959-1251 新潟県燕市白山町1丁目1-52

×

CATEGORY

大工道具店が生き残るには
   
京都に出店をして感じた事
西では、打ち刃物は三木になります。西の方達は新潟が刃物の産地であることは知りません。
京都も大工道具店はありますが、刃物店は有りませんでした。
大工道具店はあるが木工刃物店は無いのはなぜか。
それは自身の道具しか関心が無いからで、プロの意識としては珍しい感覚だと思う。
日本の技術の中で社寺建築があるが、あのような建物の物差は曲金だけであることだ。
指物も曲金での寸法を計るが、家具職は曲金は使わない。イタリアの家具は、なんであんなに高価なのだろうか、日本の家具も曲金を使ったら高くても売れるのではないだろうか。
「私は新潟人が感じた文章です。どのような解釈をされるかは地方で変わると思います。
以下の文章はチャットの解釈です。
チャットの解釈
この文章は、大工道具店が存在する一方で、木工刃物店が存在しない理由について考察しています。
 
まず、木工刃物店が存在しない理由として、個々の大工や職人が自身の道具にしか関心がないためと指摘されています。つまり、大工たちは自分たちの仕事に必要な道具や刃物に重点を置いており、他の大工の道具や刃物にはあまり関心がない可能性があります。これはプロの意識としては珍しい感覚かもしれません。
 
また、日本の技術の中で社寺建築が重要な位置を占めていますが、社寺建築で使われる物差しは曲金だけであると指摘されています。曲金は曲面の計測に特化した道具であり、社寺建築の特性に合った道具として利用されています。一方で、家具職では曲金は使われないと述べられています。そして、イタリアの家具がなぜ高価なのか、そして日本の家具も曲金を使えば高価で売れる可能性があるのではないかという疑問が提示されています。
 
この文章は、大工や職人の関心の違いや、道具の特性による価値の違いについて考察し、日本の木工業や家具産業における潜在的な改善点や展望を示唆しています
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

CATEGORY

送料無料のお知らせ
10500円以下お買い上げ郵送にて発送時間指定不可。
 10500円以下の代引き発送はクロネコヤマト代引き手数料、送料負担。時間指定有り。
 10500円以上お買い上げ、クロネコヤマト出荷代引有り。

 

MENU