TEL:0256-62-2819 FAX:0256-62-4888
〒959-1251 新潟県燕市白山町1丁目1-52

×

CATEGORY

 

CATEGORY

MENU

砥石

どんな名工が鍛えた刃物でも、職人の腕がどんなによくても、刃物研ぎが悪ければ、その刃物の切れ味が発揮できない大工道具になってしまいます。また刃物研ぎを面倒くさいと思って仕上げた研ぎはどうしても研ぎ不足で切れる刃物にはならないものです。刃物研ぎは回数ではなく、時間で研げと言われる所以でありましょう。

アトマダイヤモンド砥石

 アトマダイヤモンド砥石

アッ!という間に研げる!アトマのダイヤモンド砥石。極細目(#1200)は青砥#1200と同程度!細目は(#600)従来のダイやモンド砥#1000,#1200と同程度、中目(#400)従来のダイヤモンド砥石#600同程度に仕上がります。以上を参考に番手をお選びください。

 両面ダイヤモンド砥石

硬い刃先も短時間で鮮やかに研磨、常に水平、かた減りを起こしにくい。刃もち抜群、最高の切れ味に研ぎあがる、用途砥石の面直し。超硬鋼・焼入れ鋼・ハイス鋼・セラミック・ステンレス鋼など広く刃研ぎができます。大工道具:のみ・かんな・超硬タガネ、ドリルビットなど調理道具:業務包丁・家庭用包丁・鋏などその他:超硬製品・利用器具など

 極厚金盤

極厚金盤は鋳物で造りました。鉄の金盤ですと水が乾ききるころ刃物が金盤にかんで傷つけることがありますが、鋳物ですとかむこと無く滑り良い刃裏を造ることが出来ます。

  キング中砥石

砥石にゆがみが出来た場合、今ではダイヤモンド砥石で修正するのが一般的ですが平出刃monoでは砥石の面直しが用意してあります。研ぐ面が長いので修正が簡単に出来ます。

ベスター砥石
ベスター砥石

 ベスター砥石(セラミック)

本品は天然砥石の長所を充分に取り入れ高級研磨材を使用してセラミックの技術により人工的に製造された抜群の研磨力と耐久性を持った本職用砥石です。

 キング中砥石 #1000

刃物研ぎに中砥石は欠かせない砥石です。現在では色んな中砥石がありますが、このキング#1000が一般的な砥石です。

 【彫刻用裏仕上げ砥石】

彫刻刃物の丸刃、三角などの中砥石で研いだ時の刃返りを取る砥石で、砥石の幅も鑿の幅のサイズ3mmから30mmまで揃っております。

 【凸型中砥石】

外丸鑿、内丸鉋などの刃研ぎの砥石になります。厚みは3mmから30mmまで揃っております。砥石の長さは65mmで巾は35mmになります。